セペダに続き…巨人がそれでも「キューバ」にこだわる不思議

公開日:  更新日:

 巨人がフレデリク・セペダ外野手(34)に続き、キューバから19歳右腕を獲得するという。キューバの地元紙は、巨人が先月、首都・ハバナで投手の入団テストを行ったと報じていた。

 名前はヘクター・メンドーサ。無名ながら、190センチを超す長身で150キロ近い速球が武器という触れ込みだ。

 原沢GMは「編成のことは何も言えない」と口をつぐんでいる。中南米野球事情に詳しい球界関係者は、「巨人はヒメネスとかルイスとか、キューバ代表や所属チームのエース級を狙っていたはずですが……」と、こう続ける。

「キューバのエース級を要望していたのは原監督でしょう。現地では巨人の関係者が立ち会って主戦級と若手を別の日にテストしたといいます。若手はキューバ連盟が推薦する投手で結局、主力はダメで若手ならOKとなったようです。まだ実績はないけど、期限内の7月中の移籍なら、育成契約ではないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る