日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム斎藤佑 20代のキューバ人選手から「神」扱いの理由

 プロ入りしてから凋落の一途をたどっていた日本ハム・斎藤佑樹(26)が、31日のロッテ戦に先発。6回6安打1失点に抑えて、12年6月6日の広島戦以来、実に785日ぶりとなる白星を飾った。ファンに「2年間、本当にお待たせしました。去年、肩をケガして待ってくださったファンの皆さん、本当に感謝しています。これから僕の第二の野球人生が始まりますので、一緒に頑張っていきましょう」と感謝の言葉を口にした。

 その斎藤だが、なぜかキューバでは「神様」扱いなのだという。

 先日、ロッテに加入したキューバ人助っ人のデスパイネが「以前から彼のことはよく知っている。本当に素晴らしい投手で尊敬している」と話せば、現在米メジャーで活躍中のセスペデス(レッドソックス)も、日本の大半の投手のことは知らないのに、斎藤のことだけは脳裏に焼きついているんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事