日ハム斎藤佑 20代のキューバ人選手から「神」扱いの理由

公開日: 更新日:

 プロ入りしてから凋落の一途をたどっていた日本ハム斎藤佑樹(26)が、31日のロッテ戦に先発。6回6安打1失点に抑えて、12年6月6日の広島戦以来、実に785日ぶりとなる白星を飾った。ファンに「2年間、本当にお待たせしました。去年、肩をケガして待ってくださったファンの皆さん、本当に感謝しています。これから僕の第二の野球人生が始まりますので、一緒に頑張っていきましょう」と感謝の言葉を口にした。

 その斎藤だが、なぜかキューバでは「神様」扱いなのだという。

 先日、ロッテに加入したキューバ人助っ人のデスパイネが「以前から彼のことはよく知っている。本当に素晴らしい投手で尊敬している」と話せば、現在米メジャーで活躍中のセスペデス(レッドソックス)も、日本の大半の投手のことは知らないのに、斎藤のことだけは脳裏に焼きついているんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る