八戸学院光星の“女神”が「可愛すぎる」とネットで評判に

公開日: 更新日:

 球児の脇で、ペンを走らせているのは八戸学院光星(青森)のマネジャー鈴木和奏さん。昨17日の武修館(北北海道)戦は四回、2つの失策が絡んで先制を許す苦しい展開。七回まで無得点に抑えられ、必死に声援を送る部員の横でスコアを付けているシーンだ。

 流し目のような視線の先に何があったのか、あるいは誰がいたのかは定ではじゃない。しかし、逆転を願うマネジャーの気持ちが通じたのかどうか、八回に4得点で試合をひっくり返し、八戸学院光星は3回戦に駒を進めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  10. 10

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

もっと見る