日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫バレてなぜ監督辞任? 米スポーツ界に課せられる役割 

 なにしろ日本には「浮気は男の甲斐性」なんて言葉があるほど。不倫がバレたくらいで、なぜ、プロ野球チームの監督が辞めなければならないのかと思う向きもあるかもしれない。

 去る5日、ダルビッシュのボス、レンジャーズのロン・ワシントン監督(62)が「個人的な問題」で辞任。その「個人的な問題」が現地18日、自らの不倫だったことが分かった。

 本人が会見を開いて「私は妻に対して誠実ではなかった」と明らかにした。夫人同伴の会見だったから、辞任の真相を正確に言えば、不倫が夫人にバレたことだろう。アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏は言う。

「米国で男性の不倫が原因で離婚ということになれば、家や財産を手放した揚げ句、車まで処分しなければならないケースもザラです。中でも大リーグを含めた4大スポーツの選手や監督はロールモデル、つまり行動や考え方などで社会の模範になる役割を期待されているため、社会的制裁も受けます。離婚したヤンキースのA・ロッドがいい例で、08年、小児がんの子供をヤンキースタジアムに招待しながら、同じ日にマドンナとの不倫が発覚してメディアから袋叩きにされた。子供の招待はほとんど報じられませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事