不倫バレてなぜ監督辞任? 米スポーツ界に課せられる役割 

公開日: 更新日:

 なにしろ日本には「浮気は男の甲斐性」なんて言葉があるほど。不倫がバレたくらいで、なぜ、プロ野球チームの監督が辞めなければならないのかと思う向きもあるかもしれない。

 去る5日、ダルビッシュのボス、レンジャーズのロン・ワシントン監督(62)が「個人的な問題」で辞任。その「個人的な問題」が現地18日、自らの不倫だったことが分かった。

 本人が会見を開いて「私は妻に対して誠実ではなかった」と明らかにした。夫人同伴の会見だったから、辞任の真相を正確に言えば、不倫が夫人にバレたことだろう。アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏は言う。

「米国で男性の不倫が原因で離婚ということになれば、家や財産を手放した揚げ句、車まで処分しなければならないケースもザラです。中でも大リーグを含めた4大スポーツの選手や監督はロールモデル、つまり行動や考え方などで社会の模範になる役割を期待されているため、社会的制裁も受けます。離婚したヤンキースのA・ロッドがいい例で、08年、小児がんの子供をヤンキースタジアムに招待しながら、同じ日にマドンナとの不倫が発覚してメディアから袋叩きにされた。子供の招待はほとんど報じられませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る