• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

競泳・冨田尚也の「やっていない会見」に飛び交う“怪情報”

 本人は警察の事情聴取に対して容疑を認め、被害者との間ではすでに示談も成立している。なのに、なぜ、この時期に突然……という疑問は消せない。

 韓国・仁川のアジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴された競泳男子平泳ぎの冨田尚弥(25)の代理人弁護士が30日、弁明のための記者会見を本人同席で11月に行うと発表した。

 この弁護士によれば、本人への聞き取りから「盗みはしていない」との証言は信用できると判断、名誉を回復したいという。

 水泳連盟は同日、理事会を開き、当初の倫理委員会の処分案通り、冨田を16年3月末まで選手登録停止処分にすると発表した。「韓国の検察の判断を基にするしかない。我々が捜査をすることはできない」とは泉専務理事。司法の判断が覆らない限り、処分は見直さないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事