• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテ入団会見で不敵な笑み…京大・田中英祐の度胸は満点

「どんな打者にも強気で向かっていく姿勢を見てもらいたい」

 11日、東京都内のロッテ本社で行われた新入団選手発表会で自身のアピールポイントをこう語ったのが京大初のプロ野球選手として注目されている田中英祐(22)だ。

 この日、初めて、伊東監督(中央)や、他の新人選手らと対面したが、すでに「マスコミ慣れ」しているのか終始堂々とした面持ち。会見でもその「強気」は健在で、報道陣からプロでの目標選手を聞かれると、一人だけ「今は目標とする選手はいない」とキッパリ。他の新人選手が具体的な名前を挙げる中、「先輩からいろいろと吸収して、自分なりのスタイルを築いていきたい」と話した。

 対戦したい選手は日本ハムの大谷とか。

「体の使い方とかなかなか(生で)見れないので。対戦していろいろなものを感じたい。いや、興味ですね。フフフ」と不敵な笑みを浮かべながら話すあたり、度胸は並の新人以上かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る