ロッテ2位の京大・田中 指名後も「1日7時間は研究室に」

公開日: 更新日:

 警察か? プロ野球選手か? いや、科学者だ――。

 28日、ロッテ・ドラフト2位の田中英祐(22)が兵庫県警高砂署で一日署長を務めた。

「生まれ育った高砂市民を守る警察に敬意を表します」

 と、整列する警察官の前で挨拶をした田中。仮契約も済んでないルーキーがこうしたイベントに出席するのは珍しいが、そこはプロ野球初の京大出身者。話題性だけなら12球団のルーキー・ナンバーワンだ。

 なにせ、ドラフト指名後もトレーニングに精を出すどころか研究三昧。「SFA(表面力測定装置)における水和構造の逆計算理論」という卒業論文のために、「1日7時間は研究室にいます」というのだから、野球と研究、どっちが本業かわかりゃしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る