ロッテ2位の京大・田中 指名後も「1日7時間は研究室に」

公開日:  更新日:

 警察か? プロ野球選手か? いや、科学者だ――。

 28日、ロッテ・ドラフト2位の田中英祐(22)が兵庫県警高砂署で一日署長を務めた。

「生まれ育った高砂市民を守る警察に敬意を表します」

 と、整列する警察官の前で挨拶をした田中。仮契約も済んでないルーキーがこうしたイベントに出席するのは珍しいが、そこはプロ野球初の京大出身者。話題性だけなら12球団のルーキー・ナンバーワンだ。

 なにせ、ドラフト指名後もトレーニングに精を出すどころか研究三昧。「SFA(表面力測定装置)における水和構造の逆計算理論」という卒業論文のために、「1日7時間は研究室にいます」というのだから、野球と研究、どっちが本業かわかりゃしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る