日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球団も「してやったり」…ロッテ2位・京大田中の“経済効果”

「戦力になろうがなるまいが、球団はもう元を取ったんじゃないか」

 球界関係者の間でこう囁かれているのがロッテのこと。京大(工学部)に在籍する田中英祐(22)をドラフト2位で指名したおかげで、テレビをはじめとしたメディアが連日大騒ぎ。黙っていてもチームの注目度が高まっているからだ。

 あるキー局のスポーツ番組ディレクターが言う。

「ウチだけじゃなくNHKを含め全局がスポーツ番組や、早朝、夕方の番組でシャク(番組内の放送時間)の奪い合いをしているほど。ロッテが田中君のおかげで得ている恩恵は相当なはずです」

 例えば夕方の報道番組の「15秒CM」の値段は1本ウン千万円といわれる。田中が数分取り上げられるだけで、指名したロッテは1億円以上のCM効果が得られるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事