日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最終R進出逃した松山に「米ツアーで戦う技術足りない」の声

 米男子ゴルフの「ソニー・オープン」は18日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、昨年優勝のジミー・ウォーカー(米国)が63をマークし通算23アンダー、257で今季ツアー初勝利、通算4勝目を挙げた。

 日本企業がスポンサーの今大会は、5人もの日本人選手が出場しながら、最終日は1人もいなくなった。改めて日本人プロの下手さ加減を痛感する結果となった。

 また、1週間前に優勝争いを演じた松山英樹(22)にもガッカリだ。初日、2オーバー111位と出遅れたものの、2日目に66で回って予選は通過できた。しかし、3日目も72と崩れてイーブンパー78位。セカンドカットで最終日には進出できなかった。

 大会3日目は出だし10番で第1打を左の林に打ち込み、2打目をヤシの木に当てるなど、ショットが曲がりボギースタート。折り返しの1番ではティーショットを右に大きく曲げてOBになり、ダブルボギー。さらに6番、7番はパットが入らず連続ボギーで、ジ・エンド。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事