日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

帝王ニクラスが呆れた松山英樹の「日本語優勝スピーチ」

「なんだコイツは?っていうニクラスの表情に会場のみんなが凍りつきましたね」

 こう振り返るのは、5月のザ・メモリアルトーナメントで日本人4人目の米ツアー優勝を遂げた松山英樹の記者会見に出席した米ツアー記者だ。

 というのも、松山は右横に座った通訳を介して「米ツアーで勝ててうれしい」と日本語でボソリと語り、ひな壇の左横にいたニクラスは「何を言ってんだ?」とチンプンカンプンで呆れ顔だったからだ。

 それだけではない。

「ニクラスは米国を代表する偉大なプレーヤーであり、今でも絶大な人気者です。そのニクラスが主催する大会に勝ったのだから、まずニクラスに感謝の気持ちを真っ先に述べるのが礼儀でした。たどたどしい英語であっても勝者ですから、ニクラスだって一生懸命に聞きます。“I'm honored to join of this tournament. Thank you Mr. Nicklaus.(あなたの大会で勝てたことは名誉でうれしい。とても感謝しています)”と簡単な英語でもいいので自分の口で言えばよかったのです」(前出の米ツアー記者)

 それは日本でも同じだ。日本語も話せない韓国人プロが優勝して、韓国語でスピーチされたら、カチンとくる人は多い。米ツアーでは「リョウ イシカワはしっかり挨拶できるのに、ヒデキはまともに英語も話せないのか」と呆れられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事