帝王ニクラスが呆れた松山英樹の「日本語優勝スピーチ」

公開日: 更新日:

「なんだコイツは?っていうニクラスの表情に会場のみんなが凍りつきましたね」

 こう振り返るのは、5月のザ・メモリアルトーナメントで日本人4人目の米ツアー優勝を遂げた松山英樹の記者会見に出席した米ツアー記者だ。

 というのも、松山は右横に座った通訳を介して「米ツアーで勝ててうれしい」と日本語でボソリと語り、ひな壇の左横にいたニクラスは「何を言ってんだ?」とチンプンカンプンで呆れ顔だったからだ。

 それだけではない。

「ニクラスは米国を代表する偉大なプレーヤーであり、今でも絶大な人気者です。そのニクラスが主催する大会に勝ったのだから、まずニクラスに感謝の気持ちを真っ先に述べるのが礼儀でした。たどたどしい英語であっても勝者ですから、ニクラスだって一生懸命に聞きます。“I'm honored to join of this tournament. Thank you Mr. Nicklaus.(あなたの大会で勝てたことは名誉でうれしい。とても感謝しています)”と簡単な英語でもいいので自分の口で言えばよかったのです」(前出の米ツアー記者)

 それは日本でも同じだ。日本語も話せない韓国人プロが優勝して、韓国語でスピーチされたら、カチンとくる人は多い。米ツアーでは「リョウ イシカワはしっかり挨拶できるのに、ヒデキはまともに英語も話せないのか」と呆れられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  5. 5

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る