帝王ニクラスが呆れた松山英樹の「日本語優勝スピーチ」

公開日:  更新日:

「なんだコイツは?っていうニクラスの表情に会場のみんなが凍りつきましたね」

 こう振り返るのは、5月のザ・メモリアルトーナメントで日本人4人目の米ツアー優勝を遂げた松山英樹の記者会見に出席した米ツアー記者だ。

 というのも、松山は右横に座った通訳を介して「米ツアーで勝ててうれしい」と日本語でボソリと語り、ひな壇の左横にいたニクラスは「何を言ってんだ?」とチンプンカンプンで呆れ顔だったからだ。

 それだけではない。

「ニクラスは米国を代表する偉大なプレーヤーであり、今でも絶大な人気者です。そのニクラスが主催する大会に勝ったのだから、まずニクラスに感謝の気持ちを真っ先に述べるのが礼儀でした。たどたどしい英語であっても勝者ですから、ニクラスだって一生懸命に聞きます。“I'm honored to join of this tournament. Thank you Mr. Nicklaus.(あなたの大会で勝てたことは名誉でうれしい。とても感謝しています)”と簡単な英語でもいいので自分の口で言えばよかったのです」(前出の米ツアー記者)

 それは日本でも同じだ。日本語も話せない韓国人プロが優勝して、韓国語でスピーチされたら、カチンとくる人は多い。米ツアーでは「リョウ イシカワはしっかり挨拶できるのに、ヒデキはまともに英語も話せないのか」と呆れられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る