全米OPで松山英樹に注がれる「ルールとマナー」の厳しい目

公開日: 更新日:

数々の「前科」

 松山英樹(22)は2週前のメモリアル・トーナメントで米ツアー初優勝。12日に開幕する全米オープン(ノースカロライナ州パインハースト・ナンバー2)では、日本人初のメジャーチャンピオンを目指す。

 予選の同組はジョーダン・スピース(20)、リッキー・ファウラー(25)。期待の若手3人によるペアリングは大会前から話題を呼んでいるが、松山は別の意味で主催者(USGA=全米ゴルフ協会)から「注目」されている。

 USGAはR&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフクラブ・オブ・セントアンドルーズ)とともにゴルフルールを統括する団体だ。今大会は全52組に競技委員が同行。それだけルールやマナーにうるさい。

■競技委員とも戦うことに

 松山は昨年の全英オープン(R&A主催)では、スロープレーでペナルティーを科され、その後もグリーンをパターで傷つけたり、グリーン上でボールを正確にリプレースしなかったりと、米国でも“いわくつき”のプロとしてマークされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る