春のセンバツ完全予想 1回戦で「残る高校」「散る高校」

公開日:  更新日:

 21日に開幕するセンバツは、昨秋の明治神宮大会を制した仙台育英が東北勢初の甲子園優勝を狙う。前回Vの龍谷大平安、昨夏の覇者・大阪桐蔭、明治神宮大会準優勝で一昨年の優勝校・浦和学院らの強豪校も顔を揃える1回戦全16試合の行方を占った。

■第1日
 第1試合は昨夏甲子園8強の八戸学院光星が九州大会優勝の九州学院との開幕戦を制す。第2試合は大阪桐蔭が東海大菅生を下す。東海大菅生の投打の軸・勝俣はプロ注目だが相手が悪かった。第3試合は試合巧者の常総学院が米子北を倒す。

■第2日
 第1試合は2年連続の今治西が21世紀枠で53年ぶりの桐蔭を下す。今治西は昨秋の四国大会で明徳義塾に逆転勝ちした粘りが光る。第2試合はチーム打率ナンバーワンの・419を誇る静岡が近畿2位の立命館宇治を倒す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る