• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“楽勝”イメージ一変 夏の甲子園に「北信越旋風」起こる理由

 関東、関西の代表校が続々と敗退する中、躍進を遂げているのが北信越勢だ。

 星稜(石川)、日本文理(新潟)、富山商(富山)、敦賀気比(福井)、佐久長聖(長野)の5校がすべて初戦突破。4校がベスト16に入り、20日は敦賀気比が、21日には日大文理がそれぞれベスト8に進出した。

 これまで北信越といえば、都会の強豪校にとって「一昔前は体が出来上がっていないセンバツともなれば、『楽勝』という雰囲気は確かにあった」(大阪桐蔭の森友部長)というほど。高校野球に詳しいスポーツライターの安倍昌彦氏は、「北海道、東北勢の活躍が刺激になっているのではないか」と、こう続けた。

「北海道の駒大苫小牧が04年夏、北海道勢として初優勝したことが、北国の学校の意識が変わった分岐点になっていると思う。冬は雪が積もる限られた練習環境で、雪の上でノックを打って、イレギュラーする球を止めることで球際の強さが鍛えられた。それ以降は東北勢も躍進した。北信越の指導者は限られた野球環境でも工夫すれば強くできると実感、選手たちもやり方次第で都会の学校に勝てるという意識が高まったように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る