“楽勝”イメージ一変 夏の甲子園に「北信越旋風」起こる理由

公開日:  更新日:

 関東、関西の代表校が続々と敗退する中、躍進を遂げているのが北信越勢だ。

 星稜(石川)、日本文理(新潟)、富山商(富山)、敦賀気比(福井)、佐久長聖(長野)の5校がすべて初戦突破。4校がベスト16に入り、20日は敦賀気比が、21日には日大文理がそれぞれベスト8に進出した。

 これまで北信越といえば、都会の強豪校にとって「一昔前は体が出来上がっていないセンバツともなれば、『楽勝』という雰囲気は確かにあった」(大阪桐蔭の森友部長)というほど。高校野球に詳しいスポーツライターの安倍昌彦氏は、「北海道、東北勢の活躍が刺激になっているのではないか」と、こう続けた。

「北海道の駒大苫小牧が04年夏、北海道勢として初優勝したことが、北国の学校の意識が変わった分岐点になっていると思う。冬は雪が積もる限られた練習環境で、雪の上でノックを打って、イレギュラーする球を止めることで球際の強さが鍛えられた。それ以降は東北勢も躍進した。北信越の指導者は限られた野球環境でも工夫すれば強くできると実感、選手たちもやり方次第で都会の学校に勝てるという意識が高まったように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る