小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

甲子園21世紀枠快進撃の条件

公開日: 更新日:

 夏とは違う春の甲子園の特徴のひとつに「21世紀枠」がある。01年から導入され、今年の3校を含めると、計39校が甲子園の土を踏んでいる。

 文武両道、部員不足などの困難を克服、あと一歩で甲子園のチャンスを逃し続けているチームなどを別枠で出場させ、多くの野球部員に夢と希望を与えようというもの。各都道府県でベスト16以上の成績が条件となる。

 ただ、現実は厳しい。たいていは強豪校の壁にはね返される。公立の進学校が必ず選出され、今年は桐蔭(和歌山)と松山東(愛媛)が当てはまる。これらの公立校が強豪私学にひと泡吹かせる方法はあるのか。

 健闘したのは4強入りした01年の宜野座(沖縄)と09年の利府(宮城)。両校のエースは共に左だった。特に宜野座の戦い方にヒントがある。主戦左腕がシュート回転するナックルカーブのような特殊な変化球を投げていた。春は絶対数が少ない左投手が有利。カーブなどのいい変化球があるとなお有利。この時期は実戦経験が少ない。打者の目が慣れていないから、番狂わせの可能性が高くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る