• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

一足早いセンバツ予想 注目は県岐阜商より龍谷大平安の高橋

 去る23日にセンバツ甲子園(3月21日開幕)に出場する32校が発表された。

 昨秋の明治神宮大会を制した仙台育英と近畿大会優勝の天理が軸。仙台育英は投打の柱がいる。天理は元近鉄の中村良二コーチが仕込んだ好チームである。ただ、両校の実力が突出しているわけではない。昨年あたりから全体的にレベルが下がっていると感じる。番狂わせが起きても不思議ではない。

 最速152キロの県岐阜商・高橋純平(2年)が注目を集めている。見るのが楽しみな逸材ではあるが、私のイチ押し投手は、近畿4強、龍谷大平安の高橋奎二(2年)である。

 昨年のセンバツ優勝に貢献した左腕。ノーラン・ライアンのように右足を高く上げるダイナミックなフォームで、打者はタイミングが取りづらい。MAXは140キロちょっとで伸びがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る