プロスカウトが密かに注目するセンバツ出場投手6人の名前

公開日: 更新日:

 21日開幕のセンバツ高校野球を前に、各球団はスカウト会議を開いて注目選手をリストアップする。もちろん甲子園ではその選手を中心にチェックするから、リストに名前が載った選手はそれなりに力があると判断していい。「春は投手力が重要」といわれる。西の方の球団のスカウトの手帳をこっそり、のぞかせてもらうと――。

 投手で大きな二重丸が付いていたのは県岐阜商(岐阜)の右腕・高橋純平(183センチ、76キロ)。解禁された8日の練習試合ではいきなり152キロをマークして、ネット裏のスカウトの度肝を抜いた。秋の公式戦では77回投げて79奪三振、12与四死球。三振が奪えてなおかつ、制球もよいという。

 他に印が付いていたのは仙台育英(宮城)の佐藤世那(180センチ、76キロ)、東海大菅生(東京)の勝俣翔貴(180センチ、80キロ)、敦賀気比(福井)の平沼翔太(178センチ、75キロ)、近江(滋賀)の小川良憲(178センチ、75キロ)の右腕4人。佐藤は昨秋の明治神宮大会の優勝投手で、2種類のフォークが武器。勝俣は打者としても名前が挙がっているという。平沼、小川の2人はいずれも昨夏の甲子園で好投した。

 昨年のセンバツを制した龍谷大平安(京都)はエースでなく、2番手投手の左腕・元氏玲仁(181センチ、82キロ)に印が付いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る