プロスカウトが密かに注目するセンバツ出場投手6人の名前

公開日:  更新日:

 21日開幕のセンバツ高校野球を前に、各球団はスカウト会議を開いて注目選手をリストアップする。もちろん甲子園ではその選手を中心にチェックするから、リストに名前が載った選手はそれなりに力があると判断していい。「春は投手力が重要」といわれる。西の方の球団のスカウトの手帳をこっそり、のぞかせてもらうと――。

 投手で大きな二重丸が付いていたのは県岐阜商(岐阜)の右腕・高橋純平(183センチ、76キロ)。解禁された8日の練習試合ではいきなり152キロをマークして、ネット裏のスカウトの度肝を抜いた。秋の公式戦では77回投げて79奪三振、12与四死球。三振が奪えてなおかつ、制球もよいという。

 他に印が付いていたのは仙台育英(宮城)の佐藤世那(180センチ、76キロ)、東海大菅生(東京)の勝俣翔貴(180センチ、80キロ)、敦賀気比(福井)の平沼翔太(178センチ、75キロ)、近江(滋賀)の小川良憲(178センチ、75キロ)の右腕4人。佐藤は昨秋の明治神宮大会の優勝投手で、2種類のフォークが武器。勝俣は打者としても名前が挙がっているという。平沼、小川の2人はいずれも昨夏の甲子園で好投した。

 昨年のセンバツを制した龍谷大平安(京都)はエースでなく、2番手投手の左腕・元氏玲仁(181センチ、82キロ)に印が付いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る