勝つためにそこまで…甲子園出場校にも「殴る指導者」はいる

公開日:  更新日:

 今回の甲子園にも出場する、ある強豪校の話だ。何年か前の公式戦。その学校の1番打者は、監督からプレーボール直後の第1打席でバッターボックスの内角寄りのラインを消してこいと言われた。

 2番以降の打者が極端にホームベース寄りに立つことで、相手投手に内角球を投げにくくさせるのが狙い。バッターボックスの白線があったんじゃ、ベースに寄り過ぎだと審判から注意される可能性もある。それで1番打者は足場をならすふりをして白線を消してくるよう命じられたのだ。

 ところが、初球から甘い球が来て、つい、打ちにいったのか、バッターボックスの白線をうまく消せなかった。すると監督は激怒。戻ってきた選手をつかまえてベンチ裏へ。そこにはたまたま地方紙の記者がいたもののお構いなし。記者の目の前で、「なぜ、言われたことをやらない!」と、その1番打者をボコボコにブン殴った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る