• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ハイテンション”のイチロー 精神科医は「イメチェン」と分析

 7日(日本時間8日)のブレーブス戦で七回、前日に続き代打で途中出場し遊ゴロに倒れたマーリンズのイチロー(41)。メジャー15年目を迎えたそのイチローが、オープン戦から異常なテンションの高さを見せている。

 移籍したマーリンズのキャンプでは連日、メッセージ入りのTシャツを着て球場入り。練習後には率先してサインに応じたり、練習の合間にファンに話しかけるなどサービス精神も旺盛。試合前にはナインの士気を鼓舞するため珍妙なダンスを披露するなど、道化役も買って出ているほどだ。イチローの現在の心境について、精神科医で成城墨岡クリニックの理事長を務める墨岡孝氏(67)に聞いた。

――イチローのテンションが高いのは新天地で張り切っているからですか?

「昨季までのヤンキースとは違い、自由な雰囲気のマーリンズは解放感もあるし、少しリラックスできるというのもあると思います。ただ、精神の高ぶりはそれだけが原因ではないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る