“ハイテンション”のイチロー 精神科医は「イメチェン」と分析

公開日:  更新日:

 7日(日本時間8日)のブレーブス戦で七回、前日に続き代打で途中出場し遊ゴロに倒れたマーリンズのイチロー(41)。メジャー15年目を迎えたそのイチローが、オープン戦から異常なテンションの高さを見せている。

 移籍したマーリンズのキャンプでは連日、メッセージ入りのTシャツを着て球場入り。練習後には率先してサインに応じたり、練習の合間にファンに話しかけるなどサービス精神も旺盛。試合前にはナインの士気を鼓舞するため珍妙なダンスを披露するなど、道化役も買って出ているほどだ。イチローの現在の心境について、精神科医で成城墨岡クリニックの理事長を務める墨岡孝氏(67)に聞いた。

――イチローのテンションが高いのは新天地で張り切っているからですか?

「昨季までのヤンキースとは違い、自由な雰囲気のマーリンズは解放感もあるし、少しリラックスできるというのもあると思います。ただ、精神の高ぶりはそれだけが原因ではないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る