“ハイテンション”のイチロー 精神科医は「イメチェン」と分析

公開日: 更新日:

 7日(日本時間8日)のブレーブス戦で七回、前日に続き代打で途中出場し遊ゴロに倒れたマーリンズのイチロー(41)。メジャー15年目を迎えたそのイチローが、オープン戦から異常なテンションの高さを見せている。

 移籍したマーリンズのキャンプでは連日、メッセージ入りのTシャツを着て球場入り。練習後には率先してサインに応じたり、練習の合間にファンに話しかけるなどサービス精神も旺盛。試合前にはナインの士気を鼓舞するため珍妙なダンスを披露するなど、道化役も買って出ているほどだ。イチローの現在の心境について、精神科医で成城墨岡クリニックの理事長を務める墨岡孝氏(67)に聞いた。

――イチローのテンションが高いのは新天地で張り切っているからですか?

「昨季までのヤンキースとは違い、自由な雰囲気のマーリンズは解放感もあるし、少しリラックスできるというのもあると思います。ただ、精神の高ぶりはそれだけが原因ではないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る