“ハイテンション”のイチロー 精神科医は「イメチェン」と分析

公開日: 更新日:

 7日(日本時間8日)のブレーブス戦で七回、前日に続き代打で途中出場し遊ゴロに倒れたマーリンズのイチロー(41)。メジャー15年目を迎えたそのイチローが、オープン戦から異常なテンションの高さを見せている。

 移籍したマーリンズのキャンプでは連日、メッセージ入りのTシャツを着て球場入り。練習後には率先してサインに応じたり、練習の合間にファンに話しかけるなどサービス精神も旺盛。試合前にはナインの士気を鼓舞するため珍妙なダンスを披露するなど、道化役も買って出ているほどだ。イチローの現在の心境について、精神科医で成城墨岡クリニックの理事長を務める墨岡孝氏(67)に聞いた。

――イチローのテンションが高いのは新天地で張り切っているからですか?

「昨季までのヤンキースとは違い、自由な雰囲気のマーリンズは解放感もあるし、少しリラックスできるというのもあると思います。ただ、精神の高ぶりはそれだけが原因ではないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る