• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フランシスコ連日ミスで3連敗 巨人の「守備軽視」にOB苦言

「今の巨人は守備を軽視しているように見える。恥ずかしい限りです」

 巨人OBの評論家・中村稔氏が憤慨する。巨人が“守乱”から最下位の広島に3連敗。元凶は新外国人のホアン・フランシスコ(27)である。

「5番・一塁」で先発出場した6日の試合。初回無死二塁で広島・菊池の送りバントが一塁側へ転がった。フランシスコはあらかじめ前進守備を敷いていたにもかかわらず、なぜか打球を追わず。菅野は三塁側にダッシュしていたためオールセーフとなった。これをきっかけに2点を先制されると、三回の無死二塁で打者・菊池という全く同じ場面でまたやった。

 バントの構えを見るや猛然と前進したが、菊池はバスターに切り替えて投ゴロ。捕球した菅野が一塁に送球しようとすると、フランシスコは前進守備の位置に立ち尽くしたままだった。120キロ超の巨体を揺らしながら慌てて無人の一塁ベースに戻ろうとしたフランシスコだったが、今度は菅野の送球をポロリと落球。この失策からこの回も2点を失い、助っ人の度重なる拙守に菅野が珍しく不満げな表情を見せる場面もあった。4失点で敗戦投手(3勝4敗)となり、原監督は「(菅野を)守備で足を引っ張ってしまった。守備はプロとして恥ずかしい。フランシスコ? 何と答えていいか分からないね」と仏頂面だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る