フランシスコ連日ミスで3連敗 巨人の「守備軽視」にOB苦言

公開日:  更新日:

「今の巨人は守備を軽視しているように見える。恥ずかしい限りです」

 巨人OBの評論家・中村稔氏が憤慨する。巨人が“守乱”から最下位の広島に3連敗。元凶は新外国人のホアン・フランシスコ(27)である。

「5番・一塁」で先発出場した6日の試合。初回無死二塁で広島・菊池の送りバントが一塁側へ転がった。フランシスコはあらかじめ前進守備を敷いていたにもかかわらず、なぜか打球を追わず。菅野は三塁側にダッシュしていたためオールセーフとなった。これをきっかけに2点を先制されると、三回の無死二塁で打者・菊池という全く同じ場面でまたやった。

 バントの構えを見るや猛然と前進したが、菊池はバスターに切り替えて投ゴロ。捕球した菅野が一塁に送球しようとすると、フランシスコは前進守備の位置に立ち尽くしたままだった。120キロ超の巨体を揺らしながら慌てて無人の一塁ベースに戻ろうとしたフランシスコだったが、今度は菅野の送球をポロリと落球。この失策からこの回も2点を失い、助っ人の度重なる拙守に菅野が珍しく不満げな表情を見せる場面もあった。4失点で敗戦投手(3勝4敗)となり、原監督は「(菅野を)守備で足を引っ張ってしまった。守備はプロとして恥ずかしい。フランシスコ? 何と答えていいか分からないね」と仏頂面だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る