“視聴率男”証明も…清原和博に「やっぱりTVで使えない」の声

公開日:  更新日:

「数字を持ってるのは再確認できたけど、やっぱり使えないよなぁ」――テレビ関係者がため息を漏らすのは、「番長」こと清原和博(47)のバラエティー起用についてだ。

 8日、ビデオリサーチが発表した「週間視聴率トップ30」で、清原が出演した「中居正広のキンスマスペシャル」(4月3日放送)が、16.4%をマークし、サッカー「日本代表×ウズベキスタン」(16.3%)を押しのけ、3位に食い込んだことが分かった。

「キンスマ」が15%を超えるのは、1月9日放送の「EXILEヒロの逆襲物語」以来。当代随一の人気者の数字をも上回ったのだから、清原が数字を持っているのは間違いない。

 しかし、だ。これをもって清原の「テレビ界復帰」が促進するかというと、関係者は一様に否定的だ。

「『キンスマ』出演は交友のある中居に泣きついて実現したものでしょう。中居に提案されたらTBSだってむげには断れない。しかし、あれも『キンスマ』という“お涙頂戴番組”だからできたこと。さまざまな疑惑を抱えたままの清原を、各局のバラエティー担当者がかつてのように使うかというと、そうはいかないでしょう。疑惑の一つでもはじけたら、自分のクビどころか、番組自体が消滅しかねない。誰もそんな危ない橋は渡らないはずです」(あるプロデューサー)

 ちょっと前には知り合いのテレビ司会者に電話をかけ回っては、断われ続けていると報じられた清原。「実力」を証明したところで、やっぱり「パチンコ営業の日々」は変わらないということのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る