“視聴率男”証明も…清原和博に「やっぱりTVで使えない」の声

公開日:  更新日:

「数字を持ってるのは再確認できたけど、やっぱり使えないよなぁ」――テレビ関係者がため息を漏らすのは、「番長」こと清原和博(47)のバラエティー起用についてだ。

 8日、ビデオリサーチが発表した「週間視聴率トップ30」で、清原が出演した「中居正広のキンスマスペシャル」(4月3日放送)が、16.4%をマークし、サッカー「日本代表×ウズベキスタン」(16.3%)を押しのけ、3位に食い込んだことが分かった。

「キンスマ」が15%を超えるのは、1月9日放送の「EXILEヒロの逆襲物語」以来。当代随一の人気者の数字をも上回ったのだから、清原が数字を持っているのは間違いない。

 しかし、だ。これをもって清原の「テレビ界復帰」が促進するかというと、関係者は一様に否定的だ。

「『キンスマ』出演は交友のある中居に泣きついて実現したものでしょう。中居に提案されたらTBSだってむげには断れない。しかし、あれも『キンスマ』という“お涙頂戴番組”だからできたこと。さまざまな疑惑を抱えたままの清原を、各局のバラエティー担当者がかつてのように使うかというと、そうはいかないでしょう。疑惑の一つでもはじけたら、自分のクビどころか、番組自体が消滅しかねない。誰もそんな危ない橋は渡らないはずです」(あるプロデューサー)

 ちょっと前には知り合いのテレビ司会者に電話をかけ回っては、断われ続けていると報じられた清原。「実力」を証明したところで、やっぱり「パチンコ営業の日々」は変わらないということのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る