日ハム斎藤佑「抑え転向プラン」明かした栗山監督の“本気度”

公開日: 更新日:

「本気なのか?」と思ったファンも多いだろう。

 日本ハムの栗山監督が明かした斎藤佑樹(26)の抑え転向プラン。指揮官はあくまで先発を前提としながら、「三振が取れる投手。九回をどう抑えるか」と、キャンプでは抑えの適性も見極めると話した。

 斎藤は入団からプロ4年間で13勝16敗、防御率3.66。241イニングで142奪三振。奪三振率5・30は決して高いとはいえない。昨季は同6.92だが、これも並の数字だ。剛速球を投げるわけでもなく、針の穴を通すような制球力があるわけでもない。全盛期の岩瀬(中日)が投げたスライダーのような、来るとわかっていても打者が打てない変化球も持っていない。

 日ハムの選手でさえ、「いくらオフシーズンが話題に乏しいからって、悪い冗談はやめてくれ」と苦笑いを浮かべているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る