日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム斎藤佑「抑え転向プラン」明かした栗山監督の“本気度”

「本気なのか?」と思ったファンも多いだろう。

 日本ハムの栗山監督が明かした斎藤佑樹(26)の抑え転向プラン。指揮官はあくまで先発を前提としながら、「三振が取れる投手。九回をどう抑えるか」と、キャンプでは抑えの適性も見極めると話した。

 斎藤は入団からプロ4年間で13勝16敗、防御率3.66。241イニングで142奪三振。奪三振率5・30は決して高いとはいえない。昨季は同6.92だが、これも並の数字だ。剛速球を投げるわけでもなく、針の穴を通すような制球力があるわけでもない。全盛期の岩瀬(中日)が投げたスライダーのような、来るとわかっていても打者が打てない変化球も持っていない。

 日ハムの選手でさえ、「いくらオフシーズンが話題に乏しいからって、悪い冗談はやめてくれ」と苦笑いを浮かべているはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事