• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

背筋痛でDL入り マリナーズ岩隈の「商品価値」大暴落の可能性

 今回のケガは高い代償を伴うかもしれない。右広背筋に炎症を起こして故障者リスト(DL)入りしたマリナーズ・岩隈久志(34)。25日(日本時間26日)には2度目のMRI検査を受け、「ほんの小さな炎症と言われて安心した」と明るい表情で話した。

 今後は電気治療を施し、5月1日にもキャッチボールを再開。5月下旬の復帰が見込まれるものの、広背筋を痛めると肩の可動域が縮小するなど投球に悪影響を及ぼすケースが多い。

 本人は軽症を強調したが、回復が長引くケースも。レッドソックスの上原浩治がレンジャーズ時代の12年に痛めた際には復帰までに2カ月を要した。

 今季終了後、FAになる岩隈にとって、今回の故障は間違いなくマイナスになる。メジャーで広背筋を痛めた投手は肩、肘に故障歴のある投手同様、球団サイドが獲得に慎重になるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る