6年前の例も イチローに懸念されるアンパイアの徹底マーク

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手が審判から徹底マークされそうだ。

 16日(日本時間17日)のメッツ戦の七回、代打で今季初の長打となる三塁打を放ったマーリンズのイチロー(41)。次打者の二ゴロで本塁に突入し、タイミングはアウトも絶妙な手の動きで捕手のタッチを2度かいくぐりクロスプレーになった。その際、エリック・クーパー球審に「アウト」と宣告されると血相を変えて猛抗議。球審を指さしながら、ものすごい形相で詰め寄り「今のはセーフだ」とばかりに英語で食ってかかった。

 レドモンド監督がベンチから慌てて飛び出し「チャレンジ」(ビデオ判定)を要求。約6分後、左手の指先がホームベースに触れていることが確認されセーフとなり、事なきを得たが、退場を宣告されても仕方ないほどの激しい抗議だった。

 この試合で球審を務めたクーパー審判は今季でメジャーのアンパイア歴17年目のベテランだ。公平、中立が大前提の審判も人間だ。メジャーの審判は、暴力行為、侮辱行為をした選手に対してジャッジが厳しくなるケースが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る