6年前の例も イチローに懸念されるアンパイアの徹底マーク

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手が審判から徹底マークされそうだ。

 16日(日本時間17日)のメッツ戦の七回、代打で今季初の長打となる三塁打を放ったマーリンズのイチロー(41)。次打者の二ゴロで本塁に突入し、タイミングはアウトも絶妙な手の動きで捕手のタッチを2度かいくぐりクロスプレーになった。その際、エリック・クーパー球審に「アウト」と宣告されると血相を変えて猛抗議。球審を指さしながら、ものすごい形相で詰め寄り「今のはセーフだ」とばかりに英語で食ってかかった。

 レドモンド監督がベンチから慌てて飛び出し「チャレンジ」(ビデオ判定)を要求。約6分後、左手の指先がホームベースに触れていることが確認されセーフとなり、事なきを得たが、退場を宣告されても仕方ないほどの激しい抗議だった。

 この試合で球審を務めたクーパー審判は今季でメジャーのアンパイア歴17年目のベテランだ。公平、中立が大前提の審判も人間だ。メジャーの審判は、暴力行為、侮辱行為をした選手に対してジャッジが厳しくなるケースが多い。


 今回のイチローの言動がアンパイアの権威をおとしめる行為と判断されれば、今後は彼らを敵に回すことになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声