• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

井川の比じゃない マー君再離脱でメディアのバッシング過熱

 右手首の炎症と前腕の張りで故障者リスト入りしたヤンキース・田中将大(26)。地元紙を含む複数の米メディアは、右肘靱帯部分断裂との関連性をこぞって指摘している。肘をかばって手首まで痛めたとか、前腕の張りは右肘の影響といった具合だ。

 田中が選択したのはトミー・ジョン手術ではなく、PRP(多血小板血漿)という保存療法。しかし、多くの投手にPRP療法を施した産業医科大学若松病院の内田宗志医師(診療教授)は本紙のインタビューでこう指摘している。

「PRPの効果があるのは中高生までで、私の経験では成長期を過ぎた大学生やプロの投手に効果は期待できません」

 米医学専門誌「アメリカン・ジャーナル・スポーツ・メディシン」に掲載された論文によれば、プロアマを問わずPRP療法を受けた12~33歳の投手27人のうち、若年層は回復が早く、治療後に実戦復帰がかなったものの、メジャーやマイナーでプレーする投手の多くは戦列に戻っても再発した揚げ句、手術を強いられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る