マーリンズがイチローの契約延長を検討 走攻守とも評価

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手の首がつながりそうだ。

 複数の米メディアが18日(日本時間19日)に報じたところによれば、マーリンズは今季加入したイチローとの契約を最大で17年まで延長する方向で検討に入ったという。

 この日のヤンキース戦は九回に代打で出場し、三塁への内野安打を放った。今季「4人目の外野手」として、ここまで143打数42安打の打率2割9分4厘。出場機会が少ないながらも、6盗塁をマーク。マーリンズ首脳陣は走攻守にわたる働きを評価しているとみられる。

 昨オフ、補強の最高トップであるGMとしてイチローを獲得したジェニングス監督も17日の試合前の会見で「検討しているのは事実」と認めたという。

 今年5月22日のオリオールズ戦では2安打を放ち、メジャー通算2885安打としてベーブ・ルースを抜き歴代単独42位に浮上。その後も安打を積み重ねているとはいえ、今季の目標とするメジャー通算3000安打まで残り115本と現時点では達成は厳しい状況だ。

 イチローは今年の10月で42歳。ロートル外野手の契約がスムーズにまとまるかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る