マーリンズがイチローの契約延長を検討 走攻守とも評価

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手の首がつながりそうだ。

 複数の米メディアが18日(日本時間19日)に報じたところによれば、マーリンズは今季加入したイチローとの契約を最大で17年まで延長する方向で検討に入ったという。

 この日のヤンキース戦は九回に代打で出場し、三塁への内野安打を放った。今季「4人目の外野手」として、ここまで143打数42安打の打率2割9分4厘。出場機会が少ないながらも、6盗塁をマーク。マーリンズ首脳陣は走攻守にわたる働きを評価しているとみられる。

 昨オフ、補強の最高トップであるGMとしてイチローを獲得したジェニングス監督も17日の試合前の会見で「検討しているのは事実」と認めたという。

 今年5月22日のオリオールズ戦では2安打を放ち、メジャー通算2885安打としてベーブ・ルースを抜き歴代単独42位に浮上。その後も安打を積み重ねているとはいえ、今季の目標とするメジャー通算3000安打まで残り115本と現時点では達成は厳しい状況だ。

 イチローは今年の10月で42歳。ロートル外野手の契約がスムーズにまとまるかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る