• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロが見た全米OP初日 「風が吹けばコースは別の顔になる」

 リンクス特有の風が吹かず、高弾道のボールでいくらでもバーディーチャンスにつけられた初日。一時は2アンダーまでスコアを伸ばした松山も、あと2つぐらいバーディーを取って欲しかった。

 こうなるとスコアメークの鍵はパッティングだ。フェスキューとポアナ芝の混ざったやっかいなグリーンは、ボールが跳ねたり左右に揺れて、ラインを読んでも思ったように転がってくれない。日本のコースでいえば、スズメノカタビラが出てくる春先の河川敷みたいだ。強めにしっかりヒットできる上りのラインを残さないと、グリーン上で必要以上に神経を使う。

 初日は打ち上げだった9番のパー3は、2日目は打ち下ろしになるという。1番と18番のパー設定も入れ替わる。日替わりの「舞台設定」には批判の声もあるようだが、選手たちに大きな影響はないと思う。

 練習ラウンドでは異なるパー設定を想定しプレーしているはずだし、9番の打ち上げや打ち下ろしも経験済みだからだ。
 それよりこのコースは、強い海風が吹き出せば別の顔になる。早朝までテレビ観戦しているゴルフファンもそれを望んでいるに違いない。強風が吹けば、低弾道のボールを操るマキロイ(26)のプレーに注目して欲しい。

(プロゴルファー・並木俊明)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る