プロが見た全米OP初日 「風が吹けばコースは別の顔になる」

公開日: 更新日:

 リンクス特有の風が吹かず、高弾道のボールでいくらでもバーディーチャンスにつけられた初日。一時は2アンダーまでスコアを伸ばした松山も、あと2つぐらいバーディーを取って欲しかった。

 こうなるとスコアメークの鍵はパッティングだ。フェスキューとポアナ芝の混ざったやっかいなグリーンは、ボールが跳ねたり左右に揺れて、ラインを読んでも思ったように転がってくれない。日本のコースでいえば、スズメノカタビラが出てくる春先の河川敷みたいだ。強めにしっかりヒットできる上りのラインを残さないと、グリーン上で必要以上に神経を使う。

 初日は打ち上げだった9番のパー3は、2日目は打ち下ろしになるという。1番と18番のパー設定も入れ替わる。日替わりの「舞台設定」には批判の声もあるようだが、選手たちに大きな影響はないと思う。

 練習ラウンドでは異なるパー設定を想定しプレーしているはずだし、9番の打ち上げや打ち下ろしも経験済みだからだ。
 それよりこのコースは、強い海風が吹き出せば別の顔になる。早朝までテレビ観戦しているゴルフファンもそれを望んでいるに違いない。強風が吹けば、低弾道のボールを操るマキロイ(26)のプレーに注目して欲しい。

(プロゴルファー・並木俊明)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る