プロが見た全米OP初日 「風が吹けばコースは別の顔になる」

公開日: 更新日:

 リンクス特有の風が吹かず、高弾道のボールでいくらでもバーディーチャンスにつけられた初日。一時は2アンダーまでスコアを伸ばした松山も、あと2つぐらいバーディーを取って欲しかった。

 こうなるとスコアメークの鍵はパッティングだ。フェスキューとポアナ芝の混ざったやっかいなグリーンは、ボールが跳ねたり左右に揺れて、ラインを読んでも思ったように転がってくれない。日本のコースでいえば、スズメノカタビラが出てくる春先の河川敷みたいだ。強めにしっかりヒットできる上りのラインを残さないと、グリーン上で必要以上に神経を使う。

 初日は打ち上げだった9番のパー3は、2日目は打ち下ろしになるという。1番と18番のパー設定も入れ替わる。日替わりの「舞台設定」には批判の声もあるようだが、選手たちに大きな影響はないと思う。

 練習ラウンドでは異なるパー設定を想定しプレーしているはずだし、9番の打ち上げや打ち下ろしも経験済みだからだ。
 それよりこのコースは、強い海風が吹き出せば別の顔になる。早朝までテレビ観戦しているゴルフファンもそれを望んでいるに違いない。強風が吹けば、低弾道のボールを操るマキロイ(26)のプレーに注目して欲しい。

(プロゴルファー・並木俊明)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る