日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

D・ジョンソンが首位タイ発進 “飛ばし屋”の本領発揮

 初日、首位タイに立ったのは、ドライバー平均飛距離317・6ヤード(ランク1位)を誇る米ツアー屈指の飛ばし屋のD・ジョンソン(30)だ。

 イン発進の11番は早速ドライバーが炸裂。335ヤードをぶっ飛ばし、残り198ヤードを60センチにピタリ。楽々、バーディーを決めると、続く12番パー4(317ヤード)ではワンオンに成功し、ピン左3.5メートルを2パットバーディー。

 全米オープンは例年スコアが伸びないことで知られている。タフな会場も、ジョンソンの圧倒的な飛距離の前ではやさしくみえる。

 折り返して4番パー4はピンそば3メートル、5番パー4は3メートル、そして7番パー4も4メートルにつけ、バーディーを量産。上がり9番パー3ではグリーン手前のラフにつかまり、この日、初のボギーとするが、65で回り、5アンダー首位タイでホールアウトした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事