ウッズ無残10オーバー152位T 全米OP「自己ワースト」更新

公開日:  更新日:

「3度勝っている試合。もちろん勝つために来た。(2週間前、自己最悪の85をたたいたのは)スイング改造中のプロセスだ。悪い癖が出てしまうことがあるだけ。良い方向に向かっている」

 大会前、こう強がっていたT・ウッズ(39)だったが、初日はボロボロだった。

 出だしの1番でフェアウエーからの2打目を深い右ラフに入れてボギーとすると、フロント9は39。バック9も11番から3連続ボギー。続く14番は70センチのパットを外してトリプルボギー。18番も第2打を「チョロ」して3メートルの深いバンカーに入れてボギー。フェアウエーキープ率43%、パーオン率50%で「80」。アマ時代の今大会自己ワーストの「77」を更新した。

 史上最年少の21歳でマスターズを制し、ニクラスに次ぐ歴代2位のメジャー14勝を挙げた怪物も、09年の不倫スキャンダルや離婚、故障などで大スランプに陥った。ツアーに復帰してもかつての輝きは戻らず、過去3勝の今大会でもこの有様。

 メジャーどころか、PGAツアーで戦うのも厳しいと言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る