日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウッズ無残10オーバー152位T 全米OP「自己ワースト」更新

「3度勝っている試合。もちろん勝つために来た。(2週間前、自己最悪の85をたたいたのは)スイング改造中のプロセスだ。悪い癖が出てしまうことがあるだけ。良い方向に向かっている」

 大会前、こう強がっていたT・ウッズ(39)だったが、初日はボロボロだった。

 出だしの1番でフェアウエーからの2打目を深い右ラフに入れてボギーとすると、フロント9は39。バック9も11番から3連続ボギー。続く14番は70センチのパットを外してトリプルボギー。18番も第2打を「チョロ」して3メートルの深いバンカーに入れてボギー。フェアウエーキープ率43%、パーオン率50%で「80」。アマ時代の今大会自己ワーストの「77」を更新した。

 史上最年少の21歳でマスターズを制し、ニクラスに次ぐ歴代2位のメジャー14勝を挙げた怪物も、09年の不倫スキャンダルや離婚、故障などで大スランプに陥った。ツアーに復帰してもかつての輝きは戻らず、過去3勝の今大会でもこの有様。

 メジャーどころか、PGAツアーで戦うのも厳しいと言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事