松山は全米OP26位タイ発進 「イラッと」するも無難にプレー

公開日: 更新日:

 たった1つのミスが命取りになる――。だから一打一打、カップインするまで、世界のトッププロですら一瞬たりとも気が抜けないのがメジャーの戦いだ。

 今大会は全米オープンでは珍しいリンクスコースで行われている。荒涼とした会場は、まるでスコットランドで行われる全英オープンのようだ。

 今季米ツアー16試合に出場してトップ10が8度、フェデックスランク9位と安定した成績を残している松山英樹(23)は、世界ランク首位のR・マキロイ(26)や同2位のJ・スピース(21)とともに優勝候補の一人に挙げられている。

 今季マスターズに勝ったライバルのスピースも「マツヤマは勝つ可能性が高い」とコメントして俄然、注目が高まった。

■ティーショットは完璧

「全体的に無難なプレーだった」(松山)と振り返ったように、イン発進の前半は11番3.5メートル、16番2.5メートルとバーディーチャンスをモノにして2アンダー。一時首位タイグループに並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る