松山は全米OP26位タイ発進 「イラッと」するも無難にプレー

公開日:  更新日:

 たった1つのミスが命取りになる――。だから一打一打、カップインするまで、世界のトッププロですら一瞬たりとも気が抜けないのがメジャーの戦いだ。

 今大会は全米オープンでは珍しいリンクスコースで行われている。荒涼とした会場は、まるでスコットランドで行われる全英オープンのようだ。

 今季米ツアー16試合に出場してトップ10が8度、フェデックスランク9位と安定した成績を残している松山英樹(23)は、世界ランク首位のR・マキロイ(26)や同2位のJ・スピース(21)とともに優勝候補の一人に挙げられている。

 今季マスターズに勝ったライバルのスピースも「マツヤマは勝つ可能性が高い」とコメントして俄然、注目が高まった。

■ティーショットは完璧

「全体的に無難なプレーだった」(松山)と振り返ったように、イン発進の前半は11番3.5メートル、16番2.5メートルとバーディーチャンスをモノにして2アンダー。一時首位タイグループに並んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る