悲願のグランドスラムにあと1つ…ミケルソン初日14位タイ

公開日: 更新日:

 全米オープンのタイトルを取れば、キャリアグランドスラム(マスターズ3回、全英、全米プロ各1回)を達成するミケルソン(45)。

 前半は3アンダーまでスコアを伸ばし、一時はトップに立ったが、バンカーにつかまった13番、14番で連続ボギーとし、1アンダー14位タイでホールアウトした。

「全米オープンの初日はいつも神経質になる。今日はアンダーパーで回ったので満足している。グリーンのスピードは一定ではなかった。1メートルから3メートルのパットをうまく決めることがポイントになるだろう」

 2年前の大会では、1アンダーの単独首位でスタート。2打スコアを落とし、J・ローズに逆転負け。6度目の2位に終わった。

「このコースは、いつもより(第1打の)ミスが許容される」というミケルソンのデータを見ると、ドライバーの平均飛距離は297.1ヤード(28位)、フェアウエーキープ率57%(153位)、パーオン率62.3%(169位)。やや難のあるドライバーショットの曲がりは、得意のショートゲームでカバーするつもりだが、16日で45歳になった。

 偉業達成は今年が最後のチャンスかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る