悲願のグランドスラムにあと1つ…ミケルソン初日14位タイ

公開日:  更新日:

 全米オープンのタイトルを取れば、キャリアグランドスラム(マスターズ3回、全英、全米プロ各1回)を達成するミケルソン(45)。

 前半は3アンダーまでスコアを伸ばし、一時はトップに立ったが、バンカーにつかまった13番、14番で連続ボギーとし、1アンダー14位タイでホールアウトした。

「全米オープンの初日はいつも神経質になる。今日はアンダーパーで回ったので満足している。グリーンのスピードは一定ではなかった。1メートルから3メートルのパットをうまく決めることがポイントになるだろう」

 2年前の大会では、1アンダーの単独首位でスタート。2打スコアを落とし、J・ローズに逆転負け。6度目の2位に終わった。

「このコースは、いつもより(第1打の)ミスが許容される」というミケルソンのデータを見ると、ドライバーの平均飛距離は297.1ヤード(28位)、フェアウエーキープ率57%(153位)、パーオン率62.3%(169位)。やや難のあるドライバーショットの曲がりは、得意のショートゲームでカバーするつもりだが、16日で45歳になった。

 偉業達成は今年が最後のチャンスかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る