• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悲願のグランドスラムにあと1つ…ミケルソン初日14位タイ

 全米オープンのタイトルを取れば、キャリアグランドスラム(マスターズ3回、全英、全米プロ各1回)を達成するミケルソン(45)。

 前半は3アンダーまでスコアを伸ばし、一時はトップに立ったが、バンカーにつかまった13番、14番で連続ボギーとし、1アンダー14位タイでホールアウトした。

「全米オープンの初日はいつも神経質になる。今日はアンダーパーで回ったので満足している。グリーンのスピードは一定ではなかった。1メートルから3メートルのパットをうまく決めることがポイントになるだろう」

 2年前の大会では、1アンダーの単独首位でスタート。2打スコアを落とし、J・ローズに逆転負け。6度目の2位に終わった。

「このコースは、いつもより(第1打の)ミスが許容される」というミケルソンのデータを見ると、ドライバーの平均飛距離は297.1ヤード(28位)、フェアウエーキープ率57%(153位)、パーオン率62.3%(169位)。やや難のあるドライバーショットの曲がりは、得意のショートゲームでカバーするつもりだが、16日で45歳になった。

 偉業達成は今年が最後のチャンスかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る