松山英樹も悲鳴…全米オープンが“異例尽くし”と化す理由

公開日:  更新日:

「クレージーだよ!」

 18日(現地時間)に開幕するゴルフの全米オープンの会場・チェンバーズベイGC(米ワシントン州・パー70)で練習ラウンドを行った選手たちは、厳しい表情でこう語っている。

 USGA(全米ゴルフ協会)主催の全米オープンといえば、主に米国東部の伝統ある名門コースで行われてきたが、115回目を迎えた今年の舞台は、米西海岸にロバート・トレント・ジョーンズJrが設計、07年にオープンしたパブリックの新コースだ。ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう語る。

「今年の大会は異例尽くしです。このコースは、シアトルから車で南へ1時間の所にある砂と砂利の採取場跡地に、2030年の全米オープン招致を目標に造られた。でも、ウィングドフットGCなどが15年の開催立候補を取り下げたことで今年に決まったのです。オープン9年目の新しいコースも、太平洋岸北西部での開催も初めて。全英オープンのようなリンクススタイルのコースで基本的にグリーンにはカラーはない。コースの芝もスコットランドと同じく、すべてフェスキュー(細くて長い洋芝)という、海岸性気候(高湿度、海風等)に適したイネ科の牧草というのも全米オープンでは初です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る