松山英樹も悲鳴…全米オープンが“異例尽くし”と化す理由

公開日: 更新日:

「クレージーだよ!」

 18日(現地時間)に開幕するゴルフの全米オープンの会場・チェンバーズベイGC(米ワシントン州・パー70)で練習ラウンドを行った選手たちは、厳しい表情でこう語っている。

 USGA(全米ゴルフ協会)主催の全米オープンといえば、主に米国東部の伝統ある名門コースで行われてきたが、115回目を迎えた今年の舞台は、米西海岸にロバート・トレント・ジョーンズJrが設計、07年にオープンしたパブリックの新コースだ。ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう語る。

「今年の大会は異例尽くしです。このコースは、シアトルから車で南へ1時間の所にある砂と砂利の採取場跡地に、2030年の全米オープン招致を目標に造られた。でも、ウィングドフットGCなどが15年の開催立候補を取り下げたことで今年に決まったのです。オープン9年目の新しいコースも、太平洋岸北西部での開催も初めて。全英オープンのようなリンクススタイルのコースで基本的にグリーンにはカラーはない。コースの芝もスコットランドと同じく、すべてフェスキュー(細くて長い洋芝)という、海岸性気候(高湿度、海風等)に適したイネ科の牧草というのも全米オープンでは初です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る