カネ入るならくじ賛成のプロ球団も 「浅ましい」とファン落胆

公開日:  更新日:

「目先のカネ」のためならやめたほうがいい。

 8日、都内で行われたプロ野球のオーナー会議でも話し合われたスポーツ振興くじ(野球くじ)についてのことだ。

 野球くじは高騰する新国立競技場の建設費、維持費の穴埋めのため、今年4月に超党派の国会議員団でつくるスポーツ議員連盟が発案。以来、日本野球機構(NPB)やプロ野球選手会など、関係団体とも協議を重ねている。

 NPB側は当初からこのくじについて、野球賭博や八百長につながる恐れもあることから否定的。この日のオーナー会議後に会見した熊崎コミッショナーも「野球界のオーナーの方々には、賛同できないという意見が多い。そういったことを踏まえての対応になっていく」と、今後も反対姿勢を基本にしていくことを強調した。

 ところが、その一方で「賛成」の意向を示す球団も複数あるのが事実。その裏にあるのはズバリ「カネ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る