日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カネ入るならくじ賛成のプロ球団も 「浅ましい」とファン落胆

「目先のカネ」のためならやめたほうがいい。

 8日、都内で行われたプロ野球のオーナー会議でも話し合われたスポーツ振興くじ(野球くじ)についてのことだ。

 野球くじは高騰する新国立競技場の建設費、維持費の穴埋めのため、今年4月に超党派の国会議員団でつくるスポーツ議員連盟が発案。以来、日本野球機構(NPB)やプロ野球選手会など、関係団体とも協議を重ねている。

 NPB側は当初からこのくじについて、野球賭博や八百長につながる恐れもあることから否定的。この日のオーナー会議後に会見した熊崎コミッショナーも「野球界のオーナーの方々には、賛同できないという意見が多い。そういったことを踏まえての対応になっていく」と、今後も反対姿勢を基本にしていくことを強調した。

 ところが、その一方で「賛成」の意向を示す球団も複数あるのが事実。その裏にあるのはズバリ「カネ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事