カネ入るならくじ賛成のプロ球団も 「浅ましい」とファン落胆

公開日: 更新日:

「目先のカネ」のためならやめたほうがいい。

 8日、都内で行われたプロ野球のオーナー会議でも話し合われたスポーツ振興くじ(野球くじ)についてのことだ。

 野球くじは高騰する新国立競技場の建設費、維持費の穴埋めのため、今年4月に超党派の国会議員団でつくるスポーツ議員連盟が発案。以来、日本野球機構(NPB)やプロ野球選手会など、関係団体とも協議を重ねている。

 NPB側は当初からこのくじについて、野球賭博や八百長につながる恐れもあることから否定的。この日のオーナー会議後に会見した熊崎コミッショナーも「野球界のオーナーの方々には、賛同できないという意見が多い。そういったことを踏まえての対応になっていく」と、今後も反対姿勢を基本にしていくことを強調した。

 ところが、その一方で「賛成」の意向を示す球団も複数あるのが事実。その裏にあるのはズバリ「カネ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    日テレvsテレ朝「視聴率3冠」争い “美人女医対決”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る