東京五輪はメダルなし? 「新国立競技場」に消える選手強化費

公開日: 更新日:

 約2520億円にまで膨れ上がっている新国立競技場の建設で、財源確保が難航している。政府は、日本スポーツ振興センター(JSC)が選手強化に使う「スポーツ振興基金」の半額、約125億円を取り崩し、さらに、スポーツ振興くじ「toto」の売り上げから毎年約100億円を充てる構えだ。

「スポーツ振興基金」+「toto」だけで、800億円超の費用を賄う計算になる。それでもまだ、数百億円もの財源が不足しているという。スポーツ振興基金もtotoの収益も、スポーツ振興のために使うと決められている。なのにスポーツ振興のためのお金が、際限なく新国立の費用に充てられそうだ。

「お金の使い方が本末転倒です。本来、“スポーツ振興”のお金は、五輪選手の強化などに使われるべきです。コンクリートの建物を建てるためにあるわけじゃない。日本オリンピック委員会(JOC)は、東京五輪の金メダル数の目標を世界3位以内(20~33個)に設定していますが、これでは選手の育成にお金が回らず、『メダルゼロ』なんていう事態になりかねません」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    ジャニーズ大みそかネット重視の戦略と商魂 紅白眼中なし

もっと見る