過去には“黒い霧事件”も 国会検討「野球くじ」の現実味と課題

公開日: 更新日:

 問題山積だ。国会議員でつくられるスポーツ議員連盟が14日に行われた会合で、プロ野球を含めた「スポーツくじ」の拡大方針を明言。実現に向けて、日本野球機構(NPB)やプロ野球選手会などと協議することを決めた。

「野球くじ」の実現に動きだした主な目的は、2000億円を超えるともいわれる新国立競技場の建設費の穴埋めだ。現状のままなら大幅な赤字が予想されるだけに、日本で最も人気のあるプロ野球で財源を確保したいのだろう。

 とはいえ、野球が賭けの対象となれば、思い出されるのが1969年から71年にかけて発覚した「黒い霧事件」だ。暴力団関係者から依頼された選手が八百長を行い、6人が永久追放処分となった球界にとって忌まわしい一件である。

 現時点では、八百長防止策としてコンピューターによる無作為の勝敗予想だけに限定することも検討されているそうだが、それではくじの魅力は半減する。サッカーの「toto」のように好きなチームの勝敗を予想しなければ、ファンは興味を示さないはずだ。チームの勝敗が賭けの対象になれば、日本球界の「体質」も問題視される。大リーグ事情に詳しいアメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る