チーム内に燻る不満…巨人の今オフは早くも“大荒れ”予想

公開日: 更新日:

 西武に勝ち越して順調な交流戦スタートを切った巨人だが、「優勝しようがしまいが、今年のオフは大変なことになりそうです」と表情を曇らす球団関係者がいる。

「契約最終年の原監督の去就問題が場合によっては火を噴く可能性もあるし、村田のことも心配ですよ。昨年からの不振、起用法、外様初の選手会長の責任……いろんなことが重なって、精神的にかなり参ってますからね。それが移籍志願につながるかもしれないと言う選手もいるんです」

 開幕4番でスタートした昨年、打率.256、21本塁打、68打点に終わって打順が8番まで下がった村田(34)は、今季はいよいよ下位打線が指定席。打率.244、3本塁打、9打点と成績が輪をかけて悪化しているところへ持ってきて、今月20日には右足肉離れのアクシデントに見舞われた。二軍でリハビリを始めている村田は「明らかに元気がなく、声をかけるのもはばかられる状態」(某選手)だという。13年オフに結んだ総額10億円の3年契約は来年まで残っているものの、明らかにベンチからの信頼を失った現状で、契約を全うするとは思えない、環境を変えて出直すという選択肢も頭にあるんじゃないか、と見ているナインが少なくないのは確かだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る