広島の「秘密兵器」薮田にプロの道開いた母の“売り込み文句”

公開日: 更新日:

 広島の「秘密兵器」が東京ドームでベールを脱いだ。1日の巨人戦でドラフト2位ルーキー・薮田和樹(亜大)がプロ初登板初先発。150キロ台の速球を連発し、5回を5安打2失点の力投で初勝利を挙げた。

 広島新人の巨人戦での初登板初先発初勝利は、黒田、斉藤、福井に次いで4人目になる。二軍で8試合に登板し、4勝1敗、防御率1.70。最速153キロのストレートとフォークを武器に、37イニングで42三振を奪っていたが、アマ時代の実績は皆無に等しい。

 岡山理大付高時代に右ヒジを疲労骨折。亜大では肩も痛め、リーグ戦登板はたった2試合の通算0勝。それでも獲得した広島・松本有史スカウトは「小さいテークバックであの球威は化け物級。素材では亜大の同期でDeNAに入団した山崎以上だと思っています」と太鼓判を押していた。

 球団関係者が面白いエピソードを披露する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る