日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島の「秘密兵器」薮田にプロの道開いた母の“売り込み文句”

 広島の「秘密兵器」が東京ドームでベールを脱いだ。1日の巨人戦でドラフト2位ルーキー・薮田和樹(亜大)がプロ初登板初先発。150キロ台の速球を連発し、5回を5安打2失点の力投で初勝利を挙げた。

 広島新人の巨人戦での初登板初先発初勝利は、黒田、斉藤、福井に次いで4人目になる。二軍で8試合に登板し、4勝1敗、防御率1.70。最速153キロのストレートとフォークを武器に、37イニングで42三振を奪っていたが、アマ時代の実績は皆無に等しい。

 岡山理大付高時代に右ヒジを疲労骨折。亜大では肩も痛め、リーグ戦登板はたった2試合の通算0勝。それでも獲得した広島・松本有史スカウトは「小さいテークバックであの球威は化け物級。素材では亜大の同期でDeNAに入団した山崎以上だと思っています」と太鼓判を押していた。

 球団関係者が面白いエピソードを披露する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事