広島の「秘密兵器」薮田にプロの道開いた母の“売り込み文句”

公開日:  更新日:

 広島の「秘密兵器」が東京ドームでベールを脱いだ。1日の巨人戦でドラフト2位ルーキー・薮田和樹(亜大)がプロ初登板初先発。150キロ台の速球を連発し、5回を5安打2失点の力投で初勝利を挙げた。

 広島新人の巨人戦での初登板初先発初勝利は、黒田、斉藤、福井に次いで4人目になる。二軍で8試合に登板し、4勝1敗、防御率1.70。最速153キロのストレートとフォークを武器に、37イニングで42三振を奪っていたが、アマ時代の実績は皆無に等しい。

 岡山理大付高時代に右ヒジを疲労骨折。亜大では肩も痛め、リーグ戦登板はたった2試合の通算0勝。それでも獲得した広島・松本有史スカウトは「小さいテークバックであの球威は化け物級。素材では亜大の同期でDeNAに入団した山崎以上だと思っています」と太鼓判を押していた。

 球団関係者が面白いエピソードを披露する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る