日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2度目抹消の広島黒田 肩足の炎症より心配な「男気」の消耗

 8日、広島の黒田(40)が右肩と右足首の炎症のため、今季2度目の登録抹消となった。5月には右足首の炎症で二軍落ち。患部をかばっていたため右肩に負担がかかり、その影響で再び右足首を痛めたもようだ。

 黒田の次の先発予定は14日の阪神戦。その後、中3日で18日の球宴に出場する。今回は恐らく大事を取ったのだろう。

 黒田はメジャー時代、ケガの少ないタフな肉体に、腕も折れよと投げる精神力が高く評価されていた。1年で2回も故障者リストに入ったのはドジャース時代の09年のみ。それも、4月と8月で、後者は頭部に打球を受けてのアクシデント。前半戦だけで2度も休みを取ったことはなかった。

 炎症程度の細かい故障なら数え切れないほどあったものの、そうそう弱音は吐けなかった。ただでさえ、日本より高齢選手に厳しいメジャーに33歳で挑戦。弱みを見せたら他の投手に居場所を取られかねなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事