• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2度目抹消の広島黒田 肩足の炎症より心配な「男気」の消耗

 8日、広島の黒田(40)が右肩と右足首の炎症のため、今季2度目の登録抹消となった。5月には右足首の炎症で二軍落ち。患部をかばっていたため右肩に負担がかかり、その影響で再び右足首を痛めたもようだ。

 黒田の次の先発予定は14日の阪神戦。その後、中3日で18日の球宴に出場する。今回は恐らく大事を取ったのだろう。

 黒田はメジャー時代、ケガの少ないタフな肉体に、腕も折れよと投げる精神力が高く評価されていた。1年で2回も故障者リストに入ったのはドジャース時代の09年のみ。それも、4月と8月で、後者は頭部に打球を受けてのアクシデント。前半戦だけで2度も休みを取ったことはなかった。

 炎症程度の細かい故障なら数え切れないほどあったものの、そうそう弱音は吐けなかった。ただでさえ、日本より高齢選手に厳しいメジャーに33歳で挑戦。弱みを見せたら他の投手に居場所を取られかねなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る