• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消極プレー、失策絶えず…中日“沈没”でセは「5弱1圏外」か

 谷繁監督の怒声がベンチに響いた。広島に2-3で敗れた10日の試合。指揮官が目を吊り上げたのは、五回の攻撃中だった。

 1点ビハインドの2死一塁から2番の亀沢が右翼線を破る長打コースの安打。よしっ、同点! と思ったら、一塁走者の桂が三塁を回ったところでストップである。

 同点機をフイにする消極的な走塁に、止まった走者、止めた上田三塁コーチャーをまとめてベンチから怒鳴りつけた谷繁監督。その後の2死満塁のチャンスを生かせずに終わると、なにやら吐き捨て、何度も首をかしげていた。

 セ・リーグは首位の巨人から4位タイのDeNA、ヤクルトまで2.5ゲーム差の間にひしめく混戦状態だが、再び借金が2ケタの10になった中日だけは首位から6ゲーム差の最下位に落ち着き始めている。

 落合監督時代、投手を含めた鉄壁のディフェンス力を誇ったチームは今季、54失策でリーグワースト(10日現在)。この日も遊撃のエルナンデスに送球エラーが出るなど、屋台骨からグラついている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る