• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最年長2000本安打の和田一浩 “最後の花道”は中日かロッテか

 早々にケリをつけた。中日の和田一浩(42)が11日のロッテ戦で史上49人目(日米通算の4人を含む)の通算2000本安打を達成した。残り2本で挑んだこの日は、今季初の猛打賞と大暴れ。史上最年長での大記録に、「プロに入った時は2000本安打は異次元の世界だと思っていた。不思議な感じ」と感慨深そうに語った。

 下半身の粘りに加え、コマのように軸回転する独特の打法は、一方で膝に大きな負担を強いる。今年で43歳を迎える和田は近年、慢性的な右ひざ痛に悩まされ、今季は5月下旬まで二軍暮らしが続いた。

 それでも打撃の技術に大きな衰えは見られない。要所で休養を取りつつ出場すれば、まだまだスタメンで働けるだけの力はある。が、球団内では2000本安打が時間の問題となった今年の開幕前から、今後の「扱い」について検討が行われているようだ。中日は若手育成と世代交代が急務。状況によっては今季限りで現役引退、来季からコーチ就任の可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る