• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最年長2000本安打の和田一浩 “最後の花道”は中日かロッテか

 早々にケリをつけた。中日の和田一浩(42)が11日のロッテ戦で史上49人目(日米通算の4人を含む)の通算2000本安打を達成した。残り2本で挑んだこの日は、今季初の猛打賞と大暴れ。史上最年長での大記録に、「プロに入った時は2000本安打は異次元の世界だと思っていた。不思議な感じ」と感慨深そうに語った。

 下半身の粘りに加え、コマのように軸回転する独特の打法は、一方で膝に大きな負担を強いる。今年で43歳を迎える和田は近年、慢性的な右ひざ痛に悩まされ、今季は5月下旬まで二軍暮らしが続いた。

 それでも打撃の技術に大きな衰えは見られない。要所で休養を取りつつ出場すれば、まだまだスタメンで働けるだけの力はある。が、球団内では2000本安打が時間の問題となった今年の開幕前から、今後の「扱い」について検討が行われているようだ。中日は若手育成と世代交代が急務。状況によっては今季限りで現役引退、来季からコーチ就任の可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る