最年長2000本安打の和田一浩 “最後の花道”は中日かロッテか

公開日:  更新日:

 早々にケリをつけた。中日の和田一浩(42)が11日のロッテ戦で史上49人目(日米通算の4人を含む)の通算2000本安打を達成した。残り2本で挑んだこの日は、今季初の猛打賞と大暴れ。史上最年長での大記録に、「プロに入った時は2000本安打は異次元の世界だと思っていた。不思議な感じ」と感慨深そうに語った。

 下半身の粘りに加え、コマのように軸回転する独特の打法は、一方で膝に大きな負担を強いる。今年で43歳を迎える和田は近年、慢性的な右ひざ痛に悩まされ、今季は5月下旬まで二軍暮らしが続いた。

 それでも打撃の技術に大きな衰えは見られない。要所で休養を取りつつ出場すれば、まだまだスタメンで働けるだけの力はある。が、球団内では2000本安打が時間の問題となった今年の開幕前から、今後の「扱い」について検討が行われているようだ。中日は若手育成と世代交代が急務。状況によっては今季限りで現役引退、来季からコーチ就任の可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る