大台1万打席目前 イチローの“集客力”にマーリンズほくほく

公開日: 更新日:

 日本時間25日のパイレーツ戦に「2番・右翼」で出場したマーリンズ外野手のイチロー(41)は、3打数無安打1四球。打率は.259となった。この日の4打席でメジャー通算9999打席とし、史上82人目の大台まであと1としたが、個人成績以上に目立つのが集客への貢献だ。

 チームはナ・リーグ東地区最下位に沈み、ポストシーズン進出は絶望的。しかし、ここまで1試合当たりの観客動員数は2万2172人(23日終了時=63試合)。現時点で昨季の2万1386人を上回っている。7月下旬には昨季の本塁打王で主砲のスタントン、正中堅手のオズナらの人気選手が相次いで離脱しながらも本拠地マーリンズ・パークから客足は遠のくことはなかった。7月30日のナショナルズ戦では3万3348人を記録した。

 主力不在で低迷する不人気球団が集客で健闘しているのは、やはりイチローの存在が大きい。実際、スタントンに代わってイチローがスタメンで出場するようになった6月27日からの24試合での平均観客動員数は2万1604人。今月11日のレッドソックス戦ではファンにTシャツが配布される「イチローTシャツデー」だったこともあり、3万1051人を集めたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る