大台1万打席目前 イチローの“集客力”にマーリンズほくほく

公開日:  更新日:

 日本時間25日のパイレーツ戦に「2番・右翼」で出場したマーリンズ外野手のイチロー(41)は、3打数無安打1四球。打率は.259となった。この日の4打席でメジャー通算9999打席とし、史上82人目の大台まであと1としたが、個人成績以上に目立つのが集客への貢献だ。

 チームはナ・リーグ東地区最下位に沈み、ポストシーズン進出は絶望的。しかし、ここまで1試合当たりの観客動員数は2万2172人(23日終了時=63試合)。現時点で昨季の2万1386人を上回っている。7月下旬には昨季の本塁打王で主砲のスタントン、正中堅手のオズナらの人気選手が相次いで離脱しながらも本拠地マーリンズ・パークから客足は遠のくことはなかった。7月30日のナショナルズ戦では3万3348人を記録した。

 主力不在で低迷する不人気球団が集客で健闘しているのは、やはりイチローの存在が大きい。実際、スタントンに代わってイチローがスタメンで出場するようになった6月27日からの24試合での平均観客動員数は2万1604人。今月11日のレッドソックス戦ではファンにTシャツが配布される「イチローTシャツデー」だったこともあり、3万1051人を集めたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る