またも敵エース攻略のイチロー “実力”で再契約獲得に前進

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が大物食いを発揮した。

 28日(日本時間29日)のナショナルズ戦に「7番・右翼」でスタメン出場し、3打数1安打、1四球(敬遠)。1点を追う五回1死一塁で13年のサイ・ヤング賞右腕ジマーマンから5試合ぶりとなる中前打を放ち、同点機を演出した。

 今季のイチローは、ここまで225打数55安打の打率2割4分4厘(28日終了時)。これを同地区との対戦に限れば、95打数30安打の打率3割1分6厘と相性がいい。それも各球団のエース級に強く、中でもメジャー屈指といわれるナショナルズの先発陣に対しては、ジマ―マン(7打数3安打)以外にもタイガース時代の13年のサイ・ヤング賞右腕シャーザー(5打数2安打)、14年の奪三振王右腕ストラスバーグ(5打数3安打)、12年の最多勝右腕ゴンザレス(3打数2安打)と、対戦機会が少ないながらも結果を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る