またも敵エース攻略のイチロー “実力”で再契約獲得に前進

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が大物食いを発揮した。

 28日(日本時間29日)のナショナルズ戦に「7番・右翼」でスタメン出場し、3打数1安打、1四球(敬遠)。1点を追う五回1死一塁で13年のサイ・ヤング賞右腕ジマーマンから5試合ぶりとなる中前打を放ち、同点機を演出した。

 今季のイチローは、ここまで225打数55安打の打率2割4分4厘(28日終了時)。これを同地区との対戦に限れば、95打数30安打の打率3割1分6厘と相性がいい。それも各球団のエース級に強く、中でもメジャー屈指といわれるナショナルズの先発陣に対しては、ジマ―マン(7打数3安打)以外にもタイガース時代の13年のサイ・ヤング賞右腕シャーザー(5打数2安打)、14年の奪三振王右腕ストラスバーグ(5打数3安打)、12年の最多勝右腕ゴンザレス(3打数2安打)と、対戦機会が少ないながらも結果を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る