マーリンズ契約延長なら イチロー「来季年俸」いくらになる?

公開日: 更新日:

 マイアミの地元紙にマーリンズが契約延長を検討していると報じられたイチロー(41)。複数の米メディアによれば、戦力としてはもちろん、ゴードン内野手(27)、オズナ外野手(24)ら若手の手本としてチームに好影響を与えていることが評価されたという。

 今季は4人目の外野手や代打として、ここまで64試合に出場して打率2割9分4厘、1本塁打、11打点。少ない出場機会を生かし、まずまずの成績を残している。

 イチローは今季1年契約で年俸約2億5000万円。今年の10月で42歳になる。マーリンズが再契約するとしたら、来季の年俸はいくらくらいか。

「マーリンズ残留でも控え外野手の位置付けに変わりはないだけに、年俸は据え置きの200万ドル(約2億5000万円)程度。出来高も同じく打席数に応じたものになるでしょう。メジャーでは40歳を過ぎた外野手は買い叩かれる傾向にあり、最近で好条件を手にしたのは07年に(当時43歳だった)ボンズがジャイアンツと1500万ドル(約18億4000万円)で再契約したぐらい。衰え、故障リスクを踏まえれば、年俸の大幅アップは望めません」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  3. 3

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  8. 8

    経済を揺るがす関電問題&前厚労政務官口利き疑惑も追及を

  9. 9

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  10. 10

    原監督のセDH制導入には大賛成だが…タイミングが悪すぎた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る