日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本に戻るべき」 絶不調のイチローにオリ時代の“恩師”直言

 マーリンズのイチロー(41)が絶不調に陥っている。6月18日のヤンキース戦で三塁への内野安打を放ってから当たりが止まり、7日のレッドソックス戦は2回の守備から途中出場するも、3打数無安打2三振。33打席連続無安打と自己ワーストを更新中だ。それまでイチローの連続打席無安打は12年マリナーズ時代に記録した「25」が最長。単なるスランプではなく、年齢からくる視力の低下や衰えを指摘する声もある。04年にシーズン最多記録となる262安打を放った希代の安打製造機になにが起こっているのか。オリックス時代の恩師である野球評論家の河村健一郎氏に聞いた。

――今のイチローの打撃の状態をどう見ていますか?

「安打が出ていないから言うわけではありませんが、23年間にわたって彼を見ている中で、ここまで状態が悪いと感じたのは初めてです。ひど過ぎますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事