イチロー定位置確保か マーリンズの“渋チン体質”も追い風

公開日: 更新日:

 ベテランが定位置を確保しそうな勢いだ。「4人目の外野手」の位置付けだったマーリンズ・イチロー(41)の出場機会が増えている。

 主砲のスタントン(25)が右手骨折で故障者リスト(DL)入り、中堅手オズナ(24)が不振でマイナー降格と主力の離脱もあり、後半戦は20試合中16試合にスタメン出場している。6日(日本時間7日)のブレーブス戦にも「6番・右翼」でスタメン出場し、3打数2安打。マーリンズは8-9で敗れ4連敗となったが、今季12度目のマルチヒットで日米通算4185安打(日本1278本、メジャー2907本)とし、メジャー歴代2位の安打数を誇るタイ・カッブの4191安打まで6本となった。

 さらにここに来て、スタントンの回復の遅れが判明。当初は8月上旬にも復帰予定だったが、現時点では調整のためのマイナー戦出場のメドすら立っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  11. 10

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

もっと見る