• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季監督めぐり…3位争い佳境のロッテに漂う“不穏な空気”

 状況が似てきただけに予断を許さない。

 西武と熾烈なCS進出争いを続けるロッテに不穏な空気が漂っている。今オフで3年契約が切れる伊東勤監督(53)の続投方針が覆されるかもしれないからだ。

 大方の見方では、西武にCSキップを取られたとしても、「シーズン終盤まで3位争いを続けた」という“功績”もあって伊東監督は続投するとみられていた。ところが、その状況が変わりつつあるという。

 ロッテ関係者がこう言う。

「千葉ロッテの重光昭夫オーナー代行は、8月のお家騒動で、ロッテグループの全権を握った。『球団も監督人事も安泰』と思われていますが、そう簡単な話ではない。先の騒動は日本国内でもかなりのイメージダウンになった。昭夫さんは企業の立て直し、信頼回復に全精力を注いでおり、千葉ロッテの監督交代で『新生ロッテ』を内外にアピールしたい意向もあると聞く。何が起こるかわかりませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る