すでに4球団調査 ロッテ助っ人クルーズが“モテモテ”の理由

公開日:  更新日:

 今オフの「陰の主役」になるのかもしれない。

 ロッテの助っ人・クルーズ(31)が、水面下で「モテモテ」だという。

 今季は127試合に出場して打率.258、16本塁打、70打点。規定打席に到達するパの打率部門では22位と低迷し、盗塁、犠打も「ゼロ」。数字だけを見ればクビにされてもおかしくない。それでもロッテ関係者は、「是が非でも残ってもらいたい。内野が手薄な楽天、オリックスをはじめ巨人、阪神も調査を続けている。水面下で相当数のオファーが殺到しているようで、引き留めるのは難しい」と危機感を募らせている。

 この「モテぶり」の裏には、打撃面をカバーして余りある「守備力」があるからに他ならない。

 本職の二塁は言うまでもなく、遊撃、三塁を守っても、おそらく球界ナンバーワン。特に、二塁でのグラブさばきには定評があり、逆シングルでのショートへのグラブトスや、「捕ってから投げるまで1秒を切る」といわれる併殺の際の一塁送球は圧巻そのもの。失策数はリーグ5位の「12」を記録するが、これらの多くは他の選手ならグラブにかすりもしないものばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る