“京大君”田中英の経済効果「10億円以上」 球団社長明かす

公開日: 更新日:

 ロッテドラフト2位ルーキー・田中英祐(22、京大=写真右)らが9日、QVCマリンで新人合同自主トレをスタートさせた。この日はテレビカメラ5台を含む報道陣が大挙して取材に訪れ、チーム全体の注目度も増したといわれる。球団フロントは田中の「経済効果」をどう感じているのか。新人の始動を視察した山室晋也球団社長(54)に聞いた。

――田中の注目度は高いですね。

「おかげさまで、チームの露出は増えています。田中君が注目されることで、チームの他選手にもいい刺激になる。うれしいことです。もっとも、田中君がここまで注目されるとは正直、予想していませんでしたけどね」

――「話題性のための獲得」という声もありましたが。

「それは違う。あくまでウチ(ロッテ)は田中君を戦力として見ている。投手としての能力も高いですから。ただ、あまりに彼が注目され過ぎて中村君(ドラフト1位)や他の選手が(注目されず)ちょっとかわいそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

  7. 7

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る