“京大君”田中英の経済効果「10億円以上」 球団社長明かす

公開日:  更新日:

 ロッテのドラフト2位ルーキー・田中英祐(22、京大=写真右)らが9日、QVCマリンで新人合同自主トレをスタートさせた。この日はテレビカメラ5台を含む報道陣が大挙して取材に訪れ、チーム全体の注目度も増したといわれる。球団フロントは田中の「経済効果」をどう感じているのか。新人の始動を視察した山室晋也球団社長(54)に聞いた。

――田中の注目度は高いですね。

「おかげさまで、チームの露出は増えています。田中君が注目されることで、チームの他選手にもいい刺激になる。うれしいことです。もっとも、田中君がここまで注目されるとは正直、予想していませんでしたけどね」

――「話題性のための獲得」という声もありましたが。

「それは違う。あくまでウチ(ロッテ)は田中君を戦力として見ている。投手としての能力も高いですから。ただ、あまりに彼が注目され過ぎて中村君(ドラフト1位)や他の選手が(注目されず)ちょっとかわいそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る