2年連続10勝のロッテ石川 “幻”の巨人にいたら年俸いくら?

公開日:  更新日:

「巨人にいたら間違いなく球界トップクラスの年俸と注目を集めていたはず。運命のいたずらだよね」

 ある球界OBがこう漏らすのが、8日の楽天戦で今季10勝目(11敗=防御率3.21)を挙げたロッテ・石川歩(27)のことだ。

 ルーキーだった昨年は10勝8敗で新人王を獲得。今季も3位・西武とCS争いを繰り広げる中で、あっさり2年連続2ケタ勝利を飾った。

 2年前のドラフト。石川は巨人と相思相愛の関係だったことから、誰もが直前まで「巨人の一本釣り」を疑わなかった。ところが、ロッテがまさかの横ヤリを入れて1位指名。重複した巨人とクジ引きの結果、ロッテが交渉権を獲得し、石川の巨人入りは「幻」となった。

 1年目から2年連続2ケタ勝利(2年計25勝11敗)を挙げた巨人・菅野は、2年目に年俸が1500万円から7000万円に跳ね上がり、3年目には早くも1億円の大台を突破した(1億1000万円)。現時点で2年通算20勝19敗の石川も巨人に入っていれば、1億円に近い年俸はもらえたはず。だが、「ロッテ・石川」の2年目の年俸は菅野に遠く及ばない3700万円止まり。今オフの年俸も球団の懐状況を考慮すれば、どう頑張っても5000万円前後だろう。

 ロッテナインからも「巨人に入っていれば」との声が出るが、地道に頑張るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る