• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年連続10勝のロッテ石川 “幻”の巨人にいたら年俸いくら?

「巨人にいたら間違いなく球界トップクラスの年俸と注目を集めていたはず。運命のいたずらだよね」

 ある球界OBがこう漏らすのが、8日の楽天戦で今季10勝目(11敗=防御率3.21)を挙げたロッテ・石川歩(27)のことだ。

 ルーキーだった昨年は10勝8敗で新人王を獲得。今季も3位・西武とCS争いを繰り広げる中で、あっさり2年連続2ケタ勝利を飾った。

 2年前のドラフト。石川は巨人と相思相愛の関係だったことから、誰もが直前まで「巨人の一本釣り」を疑わなかった。ところが、ロッテがまさかの横ヤリを入れて1位指名。重複した巨人とクジ引きの結果、ロッテが交渉権を獲得し、石川の巨人入りは「幻」となった。

 1年目から2年連続2ケタ勝利(2年計25勝11敗)を挙げた巨人・菅野は、2年目に年俸が1500万円から7000万円に跳ね上がり、3年目には早くも1億円の大台を突破した(1億1000万円)。現時点で2年通算20勝19敗の石川も巨人に入っていれば、1億円に近い年俸はもらえたはず。だが、「ロッテ・石川」の2年目の年俸は菅野に遠く及ばない3700万円止まり。今オフの年俸も球団の懐状況を考慮すれば、どう頑張っても5000万円前後だろう。

 ロッテナインからも「巨人に入っていれば」との声が出るが、地道に頑張るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る