• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローがメジャー念願の初登板も球速出ず「ショック」

 かつての安打製造機がマウンドに立った。

 マーリンズのベテラン外野手イチロー(41)が4日(日本時間5日)、レギュラーシーズン最終戦のフィリーズ戦に大リーグ初登板。1回を2安打1失点だった。

 2-6と4点を追う八回からマウンドに送られると、先頭のオヘーラに甘く入った変化球を捉えられ右越えの二塁打を許す。続くラップの中飛の間に二塁走者が三進。代打スウィーニーには87マイル(約140キロ)の直球を二塁打にされて1点を失った。その後はガルビスを二ゴロ、アンテールを左飛に打ち取ってピンチを脱した。最速は89マイル(約143キロ)で、カーブ、スライダー、チェンジアップと変化球も披露した。

 メジャー15年目にして初めての登板にイチローは「最低90(マイル=約145キロ)は出ると思ってました。ショックでしたね」と振り返った。

 この日のイチローはスタメンを外れ、三回裏から右翼の守備に就き、2打席連続空振り三振に倒れ2打数無安打。マーリンズ移籍1年目は398打数91安打の打率2割2分9厘。通算2935安打でシーズンを終えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る