元アスレチックス「ビッグ3」マルダーが語る“苦手”イチロー

公開日:  更新日:

 全盛期の安打製造機としのぎを削った、かつての最多勝投手がマーリンズ・イチロー(41)にエールを送った。2000年代前半にティム・ハドソン(現ジャイアンツ)、バリー・ジト(現アスレチックス)とともに「ビッグスリー」と呼ばれ、アスレチックスの投手陣を支えたマーク・マルダー(現ESPN解説者)だ。

 01年に最多勝(21勝)を獲得し、メジャー通算103勝(60敗)の左腕はマリナーズ時代のイチローを苦手にしていた。通算38打数17安打の打率4割4分7厘と打ち込まれた。

 9月27日に行われた「ビッグスリー」の功績を称えるセレモニーに出席したマルダーを直撃した。

――マリナーズ時代のイチローの印象はいかがでしたか?

「なかなかアウトを取れなかったよ。すごい打者だったね。スプリングトレーニングで初めて対戦した時は、他の米国人選手と変わらないだろうと思ったんだ。それがレギュラーシーズンが始まると、間違いだったことがわかったよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る